結婚式場や結婚指輪の上手な選び方~幸せの鐘リンリンウェディング~

Married

注目の記事

格安で挙式

最近のカップルで多いのが、格安で結婚式を行なうスタイルです。従来のしきたりや伝統にこだわらずに、レストランウェディングのようなアットホームな雰囲気で祝福することも人気を集めています。

続きを見る >>

料理にこだわる

結婚式を行う際に注意すべきポイントは複数存在していますが、中でも料理は重要なポイントです。結婚式で出される料理には和食屋洋食がありますが、中華料理の場合若干出され方が異なるので注意が必要です。

続きを見る >>

式をプロデュース

ウェディングプランナーの仕事

ウェディングプランナーの仕事は、結婚を控えたカップルの結婚式をプロデュースすることです。プロデュースと一言で言っても、ウェディングプランナーが担当する仕事の範囲は非常に多岐に渡ります。 まず、式場を見学に来たカップルに営業を行います。カップルの予算や会場への要望をヒアリングし、成約してもらえるよう提案を行います。 挙式が決まったカップルとは、日程、予算、式の詳細(式の進行・衣装・料理・引き出物・式場のレイアウトなどのあらゆる部分)を詰めていきます。一方、内部の関係者との打ち合わせや、品物や機材の手配などの段取りを行います。 そして挙式当日には、手配したものが全て揃っているか確認し、時間通りに挙式が進められるよう、スタッフへを動かしていきます。 このようにウェディングプランナーは、結婚式に関わるあらゆる物事を中心となって動かしていく、非常に大変ですがやりがいのある仕事です。

就職するのに有利な資格

ウェディングプランナーになるための公的な資格は、今のところありません。ですが、民間資格として取得しておくとウェディングプランナーとして就職するのに有利な資格ならばあります。 代表的なものとして、ABC協会が認定する「アシスタント・ブライダルプランナー(ABP)」資格や、日本ブライダル文化振興協会(BIA)が認定する「IBC検定」があります。特に、ABC協会は国際的にも最大規模の協会なので、取得するならABPがオススメです。 ABPを取得するには、ブライダルの専門学校への通学や、通信講座を利用して学習するのが効率的です。専門学校や通信講座では、試験対策だけでなく実務に関する知識も習得できるので、合格後にウェディングプランナーとして働く際にも役立てることができます。